2017/09/09

[zybo]PetaLinuxでDigilentのチュートリアルが動かん (18)

18回目になるのに、まだ解決しないとは・・・。
いや、そもそも最初の目的はなんだったっけ?

第1回を見ると、Zyboのチュートリアル通りにやってみたものの、EclipseベースのSDKから実行すると動くのだが、実行ファイルをPetaLinux上にコピーして実行してもIllegal Instructionが発生した、ということのようだ。
じゃあPetaLinuxの環境でビルドせんといかんのじゃなかろうか、と。
まずは簡単なものから、と考えて見ていったら、Interface誌にJEポートをGPIO制御するドライバサンプルがあって・・・、というのが、現状だ。


しかし、XSDKのベースとしている環境を変更する、という方向もありかもしれん。
せっかくXSDKがあるのだから、コマンドラインでビルドするPetaLinuxはLinux環境やドライバまでで、アプリはXSDKでやっていきたいではないか。


久々にXSDKを立ち上げ、helloworldアプリをビルドした。
そして、XSDKからRunさせると、ちゃんと"Hello Wrold"がコンソールに出力される。
ここでいうコンソールは、ZyboのUSBをPCに接続して開いたTeraTermのUARTコンソールだ。

そのhello.elfを、ビルドしたPetaLinuxが入っているSDカードにコピーして実行すると、やっぱりIlletal Instructionになる。
Zyboチュートリアルのときは、ハードウェアが関係して、不正なアクセスか何かが発生してダメなのかと思っていたけど、そうではないということか?


まずは、fileコマンドで確認しよう。
PC Linux上で確認する。

$ file hello.elf
hello.elf: ELF 32-bit LSB executable, ARM, EABI5 version 1 (SYSV), statically linked, not stripped

staticリンクだから、ライブラリがないということではないだろう。
まあ、そうだったら別のエラーになるはずだ。


Illegal Instruction | Zedboard

む、「Linux Application」と「Standalone Application」の違いがあるのか。
よく考えれば、XSDKから実行するときは、ZyboにLinuxが立ち上がってなくても動作しているし、XSDKからLinux環境ごと転送して起動させているような様子もない。すぐ実行されるし。

ということは、このELFファイルはLinux環境向けではない・・・?
普通のLinux環境向けバイナリはどうなるんだっけ。。。

$ file /bin/grep
/bin/grep: ELF 64-bit LSB shared object, x86-64, version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib64/ld-linux-x86-64.so.2, for GNU/Linux 2.6.32, BuildID[sha1]=a28bf08898e693819102c974c8e54fdcf6f8a7a6, stripped

ああ、そうなのか。。。
XSDKってなんとなくLinux用のバイナリを作ると考えていたのだけど、よく考えたらFreeRTOSもサポートしているので、素のバイナリも生成することができないといかんのか。


コンパイラ変更とかでよいのかしら?
解決は次回にして、今回はここまでにしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。