2018/07/21

[git失敗]最新のpushから1つresetして編集

gitで起こしてしまった、現在進行形のお話。


別の場所で作業するので、一旦pushした。
かなり適当な内容なので、pushよりはファイルごとコピーしておきたいくらいだったのだが、面倒になったのでpushした。


で、今見直したところ、あまりにもいい加減な変更だったので、前のcommitは止めようと思った。
が、そのままではダメだけど、書き換えれば使い物にならないわけでもなさそうだったので、差分を見ながら書き換えようとした。
私はvscodeを使っているのだが、差分が見やすいので助かるのだ。


そして、何も考えずにこうやった。

$ git pull
$ git reset --soft HEAD^

そうすると、ソースファイルはpushしたものが残っているが、差分としてはまだ反映されていないような形になるので、最後に変更した箇所が見える。


無事に変更を終え、push。

$ git push

error: failed to push some refs to 'git@github.com:xxxx.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.

エラーらしい。
resetしたからだろう。

$ git pull

CONFLICT (content): Merge conflict in xxxxxxx
Automatic merge failed; fix conflicts and then commit the result.

コンフリクトした。

そして困ったことに、オートマージされたので、前回削除したり追加したりしてコンフリクトしなかったところが反映されてしまったのだ。

「gitでやったらいかんこと(その1)」というところか。。。



gitだけで解決できそうだけど、調べるのが面倒だったので、手動で対応させることにした。


まず、今のコンフリクトしたファイルを適当に修正して、別の場所にコピー。
そして、ローカルでやった修正をなかったことにするため、git reset --hard HEAD^。
pushした内容に戻すため、git pull。
そして、その修正はいらないので、git revert HEAD。

あとは、移動させたファイルとオリジナルのファイルをWinMergeで比較しながら手動マージ。
アナログじゃろう?


今回はコンパイルエラーが出たので気付いたが、もっとぼーっとしていたら、オートマージに気付かなかったかもしれない。


さて、今回調べたいのは、どうするのが楽だったのか、だ。
やりたかったのは「最新pushを1つ前に戻しつつ、最新pushのソースも見ながら編集したい」だ。


うん、そうだね。

$ git pull
$ 差分を見たいソースファイルをどこかにコピー
$ git revert HEAD^
$ 差分を見ながら編集

ファイルをどこかに置けばよかっただけか。


ただ、vscode+GitLensだと、履歴と比較する機能がありそうだ。
Working Treeとも比較ができるので、次回はそれを使おう。

image

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。