2018/10/06

[win10][wsl]defender firewallを設定する

Windows10 1809がリリースされたので、アップデートした。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/whats-new/whats-new-windows-10-version-1809#windows-defender-firewall-now-supports-windows-subsystem-for-linux-wsl-processes

どうやら、Windows Defender FirewallにWSLのプログラムを設定できるらしい。
私はセキュリティに強くないので、Windows Firewall Controlを使って「許可していないアプリは禁止」にしているのだが、WSLの場合はpicoとかいうプロセスがアクセスして、これがどうやっても許可させることができなかったのだ。


やり方は、こちら。
python2.7のIN方向を許可するサンプルが載っていた。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/release-notes#build-17627-skip-ahead

netsh.exe advfirewall firewall add rule name=wsl_python dir=in action=allow program="C:\users\<username>\appdata\local\packages\canonicalgrouplimited.ubuntuonwindows_79rhkp1fndgsc\localstate\rootfs\usr\bin\python2.7" enable=yes

単純に、Windowsから見たファイルパスを登録するだけのようだ。
残念ながらWindows Firewall Controlは*.exeのようなものしか登録できないようだ。
「セキュリティが強化されたWindows Defender ファイアウォール」(長いよ...)だと追加できるようだが、local/packages以下がダイアログから見えなかったので、Explorerでたどったパスをコピペで登録させた。


まず/usr/bin/wgetを登録。
うん、いける。

では、普段よく使う/usr/bin/aptを登録・・・したのだが、これが通信できない。
拒否しているタイミングを見計らってps auxしてみたところ、/usr/lib/apt/httpというプロセスが立ち上がっていた。
そいつを許可してやるとaptが通るようになった。
やれやれ。


しかし、これは使うのが面倒だ。
当面はWSL使うときだけFirewallを許可する方が楽そうだ。

と、ふとWindows Firewall Controlの遮断ログを見ると、先ほどの/usr/lib/apt/httpが出ているじゃないか!
そうか、picoが前面に出ていたものが、各ファイルになったのだな。
そして、Windows Firewall Controlは自分でルールを追加する場合には*.exeみたいなファイルしか設定できないものの、ログから許可設定するのはOKだった。
これなら便利ですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。