2019/04/27

[raspi]yoctoで動かしてみたい (1)

なんとなく、手持ちのRaspberry Pi ZeroWにyoctoで作ったLinuxを載せたくなった。
使わない機能を減らして動作が軽くなってくれないだろうか、という期待をしているのだが、はてさて。


といったものの、yocto自体ほとんど使ったことが無いので、こちらを参考にした。

Yocto で Raspberry Pi 用 Linux を作る - Qiita
https://qiita.com/propella/items/042b7bb361ad71f9bd7e

1年半ほど前だからか、多少違いがあった。
まあ、ログを見ればすぐ分かる程度なのだが。


mkdir yocto
cd yocto

git clone git://git.yoctoproject.org/poky
git clone git://git.openembedded.org/meta-openembedded
git clone https://github.com/agherzan/meta-raspberrypi.git

source poky/oe-init-build-env rpi-build


これでrpi-buildの中にconfディレクトリができるので、Qiitaの人と同じようにlocal.confを書き換え。
私は、

MACHINE = "raspberrypi0-wifi"

だけ変更。


bblayers.confも同じようにやるのだが、meta-openembeddedの中にlayerがあるので、そっちを追加する。
BBLAYERSだけ、こうした。本家に4つ書いてあるから、4つ追加すればいいんだろう。

BBLAYERS ?= " \
  /home/xxx/yocto/poky/meta \
  /home/xxx/yocto/poky/meta-poky \
  /home/xxx/yocto/poky/meta-yocto-bsp \
  /home/xxx/yocto/meta-openembedded/meta-oe \
  /home/xxx/yocto/meta-openembedded/meta-multimedia \
  /home/xxx/yocto/meta-openembedded/meta-networking \
  /home/xxx/yocto/meta-openembedded/meta-python \
  /home/xxx/yocto/meta-raspberrypi \
"


そして、bitbake

bitbake core-image-base



私はVirtualBox上でやっているのだが、非常にマシンが重たくなる。


rpi-build/tmp/deploy/images/raspberrypi0-wifi/rpi-basic-image-raspberrypi0-wifi-20190427023702.rootfs.rpi-sdimg

サイズは130,023,424byte。124MBらしい。

ddすればいいそうだが、よくわからんのでQiitaの人をまねした。


そして、UARTをつないで起動させたのだが、何も出ない・・・。
今日は力尽きたので、ここまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。