2020/08/22

[wsl]何も考えずにWSL2にしたらVirtualBoxが起動しなくなった

しまった・・・何も考えてなかった・・・。

 

きっかけは、こちらの記事。

「WSL 2」が「Windows 10 バージョン 1903/1909」でも利用可能に ~Microsoftが旧OSに移植 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1272017.html

インストールはうまくいったのだが、VirtualBoxのゲストOSを起動したらこうなった。

image

 

Windows10のバージョンは1909だ。

image

さて、どうしよう。


FAQ

WSL 2 についてよく寄せられる質問 | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/wsl2-faq

VirutualBox6だとサポートしていそうなことが書いてある。

 

そういえば、ダイアログも「ダメだー」ではなく、nested VT-x/AMD-Vはnested-pagingとunrestricted guest executionなしだと有効にできない、みたいなメッセージだった。

が、WSL2環境を2マシンで作ったので、まず1台は元に戻す。
ただ・・・試しにゲストOSの「ネステッドVT-x/AMD-Vを有効化」のチェックを外したところ、項目がグレーアウトして元に戻らなくなってしまった。
その状態だとWSL環境を戻してもゲストOSは起動しない。
Linuxサブシステムもアンインストールしたが、ダメ。そういう問題ではなさそうだ。

virtualization - Virtualbox enable nested vtx/amd-v greyed out - Stack Overflow
https://stackoverflow.com/questions/54251855/virtualbox-enable-nested-vtx-amd-v-greyed-out

コマンドラインからならできるそうで、実際できた。
助かった!


そしてもう1台の方は、ゲストOSが起動できた。
なんでかと思ったら、ネステッドVT-x/AMD-Vを元々有効にしていなかった。
VM作成時にネステッドVT-x/AMD-Vを有効にしていると、後から取り外すとうまく行かないのか?

 

まずは、ネステッドVT-x/AMD-Vの有効化は何をしているのか?からだ。

VirtualBox で仮想マシンが入れ子 (Nested Virtualization) できるようになった - CUBE SUGAR CONTAINER
https://blog.amedama.jp/entry/virtualbox-nested-virtualization

こちらは2020/02/02の記事で、VirtualBox v6.1になったときの話だ。
この方は、ホストOSがMacで、VirtualBoxのゲストOSにUbuntu、その中でさらにVagrantでCentOSを動かすようなことをされている。
Vagrantは知らなかったのだが、仮想化ソフトウェアの運用をサポートするツールらしい。ということは、仮想かはVagrant自身は行わないのかな?

 

ということは、私が使いそうなところだと、ホストOSがWindowsで、VirtualBoxのゲストOSがUbuntu、その中でdockerを使っう、というのはネステッドにしていないとできないのだろうか?
docker使うからVirtualBox使うか、くらいの気持ちでいたのだが、それが間違っていたのだろうか。。。

動いている環境で試してみよう。

$ docker run hello-world
Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
0e03bdcc26d7: Pull complete
Digest: sha256:7f0a9f93b4aa3022c3a4c147a449bf11e0941a1fd0bf4a8e6c9408b2600777c5
Status: Downloaded newer image for hello-world:latest

Hello from Docker!
This message shows that your installation appears to be working correctly.

To generate this message, Docker took the following steps:
....

うーん、動いていると思うのだが。


CPUに依存するという情報もあった。

VirtualBox 6.0 から Hyper-V と共存できるはず - Qiita
https://qiita.com/takotakot/items/94d3218cf8de5b2c1da8

さっきdockerも動いたと書いた方は、Intelのi5-6200Uだ。
それより前に動かなかったと書いた方は、Intelのi5-6500だ。

 

などとのんびりしていたのだが、元に戻した方の環境でVirtualBoxのゲストOSの動きがおかしくなった。
Xubuntu20.04を使っているのだが、なんというか、おかしい、くらいの表現しかできない。ログインするとCrash Reportのダイアログが出てくるのはまあいいとして、ウィンドウマネージャーがあまり動かない。ツールバーにランチャーでコンソールが起動できるようにしているのだが、立ち上げると他のクリックができなくなってしまうし、ウィンドウの移動も拡大縮小もできない。ゲストOSのウィンドウもダメなので、なんかよろしくないことになっているようだ。

 

ちょっとWSL2を触ってみたかっただけなのに、なんか大ごとになってしまった。。。
ゲストOSの件は、VirtualBoxのインストールを修復したら直ったような気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。