2021/02/13

M5CORE2の付属モジュール

前回、AWS版のGitHubにあるサンプルからコードを削りすぎて音が出なくなった。
ノーマルなM5CORE2にもあったハードウェアだから1つはいらないんじゃないの?ということで削ったのだがそうではないらしい。

そもそも、私が思っているハードウェア差分は正しいのだろうか?

 

image

商品ページの2枚目の画像があったのだが、M5CORE2の本体と付属モジュールという分け方をした場合、MPU6886の6軸加速度センサとSPM1423のマイクセンサは付属モジュールに当たるのだ。

for AWSはこの付属モジュールを取り除いて、こっちを挿す。

image

なるほどね。

なのでハードウェアの差分としては、セキュアエレメントのATECC608AとRGB LEDのSK6812、あとは電源周りとなる。

すっきりだ。


そこである程度元に戻して再起動しなくしたのがこちら。

https://github.com/hirokuma/Core2-for-AWS-IoT-EduKit/tree/d9000f4a1fdf23fe01f1d48d1cb98f60c9cbbf11/Hardware-Features-Demo

どうも再起動している原因はスピーカーのようなのだ。
分かりづらいので、masterとの差分で見るとこちらだ。

https://github.com/m5stack/Core2-for-AWS-IoT-EduKit/compare/m5stack:3c5aa62...hirokuma:d9000f4#diff-fea5e934abd550c3049b8f91b1f307c8200a0610f1f3e06acb60a2273058855bR59

あれ、マイクじゃ無くてスピーカー?
いや、microphoneTaskを止めれば起動した。

https://github.com/m5stack/Core2-for-AWS-IoT-EduKit/compare/m5stack:3c5aa62...hirokuma:8561420#diff-fea5e934abd550c3049b8f91b1f307c8200a0610f1f3e06acb60a2273058855bR192

microphoneTaskはなにかというと、mic_fft_test.cにあった。グラフィックっぽいデータもあるようだが、一番下に出力するのだろうか?

image

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。