2022/08/11

[android] Notificationを出す

基礎の勉強。

Android Studio でプロジェクトを作る。
対象は Android 8.0 以降。Kotlin。Empty Activity。

Create a Notification  |  Android Developers
https://developer.android.com/training/notify-user/build-notification

日本語版もあるのだけど、若干更新されていない。まあ、実行時エラーで気づける程度のものだが。
ともかく、基礎的な notification を作成する。

Create a basic notification
https://developer.android.com/training/notify-user/build-notification#SimpleNotification

手順

  1. notification で表示する中身を作る。
    NotificationCompat.Builder() の後ろに設定するメソッドを連結して呼んでいくだけ。
    Builder() の第2引数である CHANNEL_ID は String型。これは Android 8.0 以降で追加されたものらしく、それより前は無視するとのこと。
    これは、この次に作る notification channel を指定するものだ。
    なお、日本語版で~と書いたのは、ここの PendingIntent.getActivity() の最後の引数が 0 になっていたからだ。今は何か指定しないといけないそうである。フラグの違いは検索すると出てくるので探してほしい。
  2. notification channel を作る。
    そういえば、Android のどこからかアプリの上にドットを出したりするようになったなぁ。
  3. notify() で表示。

 

こんな感じだ。

    private fun createNotificationChannel() {
        val name = "のてぃふぃけーしょんちゃんねる"
        val descriptionText = "のてぃふぃけーしょんちゃんねるのですくりぷしょん"
        val importance = NotificationManager.IMPORTANCE_DEFAULT
        val channel = NotificationChannel(NOTIFICATION_ID, name, importance).apply {
            description = descriptionText
        }
        val notificationManager: NotificationManager = getSystemService(Context.NOTIFICATION_SERVICE) as NotificationManager
        notificationManager.createNotificationChannel(channel)
    }

    private fun createNotification(): NotificationCompat.Builder {
        // 自アプリを起こす
        val wakeupMeIntent = Intent(this, MainActivity::class.java).apply {
            flags = Intent.FLAG_ACTIVITY_NEW_TASK or Intent.FLAG_ACTIVITY_CLEAR_TASK
        }
        val wakeupMePendingIntent: PendingIntent = PendingIntent.getActivity(this, 0, wakeupMeIntent, FLAG_IMMUTABLE)

        return NotificationCompat.Builder(this, NOTIFICATION_ID)
            .setSmallIcon(com.google.android.material.R.drawable.ic_clock_black_24dp)
            .setContentTitle("のてぃふぃけーしょんたいとる")
            .setContentText("のてぃふぃけーしょんてきすと")
            .setPriority(NotificationCompat.PRIORITY_DEFAULT)
            .setContentIntent(wakeupMePendingIntent)
            .setAutoCancel(true)
    }

これらを、たとえば onCreate() などで呼び出す。
notify() の第1引数は Int 型で、ユニークならよいらしい。あとから中身を更新したり削除したりするときに識別するものだそうだ。

        createNotificationChannel()
        val builder = createNotification()
        with(NotificationManagerCompat.from(this)) {
            notify(NOTIFY_TEST_ID, builder.build())
        }

まあ、アプリの起動と同時に notification を出すことは少ないかもしれんが、うまいことやってほしい。


このアプリを起動すると notification が出てくる。
左側の時計アイコンは、適当に Android Studio の自動補完で候補に出てきたものだから、ちゃんとしたものかどうか知らん。

image

notification の中身は出てきたから良いとして、notification channel で設定したものはどこで出てくるのか?

見つけたのは、アプリごとの「アプリ情報」画面から「通知」をタップして表示される画面だった。

image

これだと notification channel の name だけなのだが、さらに表示されている項目をタップすると description の方も出てきた。

image

 

日本語にしておくと、そしてひらがなにしておくと他の文字列やデバッグ情報と重ならないからありがたいね。

 

ちなみにアプリ名が「AlarmTest」なのは、AlarmManager の実験をしたかったからだ。
時間になったら何かしたい→ notification を出すか、という流れだ。