Skip to the content.

Raspberry Pi OSの固定IPアドレス設定はnmtui

2024/07/07

家の中にRaspberry Pi4でLinuxを立ち上げている。
OSはRaspberry Pi OSで、今時点ではRaspberry Pi Imagerというツールを使ってSDカードに書込みを行った。

$ sudo lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Debian
Description:    Debian GNU/Linux 12 (bookworm)
Release:        12
Codename:       bookworm
$ uname -a
Linux xxxx 6.6.31+rpt-rpi-v8 #1 SMP PREEMPT Debian 1:6.6.31-1+rpt1 (2024-05-29) aarch64 GNU/Linux

IPアドレスがばたつくと面倒なので固定IPアドレスにしておきたい。
OSバージョンによっていろいろ変わってきたが、cmdline.txtip=xxx.xxx.xxx.xxxのような感じでパラメータを追加しておけばよい、というのを読んでやった。 ちゃんと固定IPアドレスになった。

というところはよかったのだが、sudo apt updateなどの通信は通るしLAN内のpingも通るのだが、curl www.yahoo.co.jpgit clone https://xxxのようなsudoしない外部への接続がうまくいかない。 もしかしたら、WiFiではなくLANケーブルを使っているので何か設定が違うのかもしれんが、とにかくつながらない。

いろいろ見たが、nmtuiコマンドでeth0のGatewayを設定すると動いたように見える(それまでは空欄になっていた)。 ついでに”Require IPv4 addressing for this connection”と”Automatically connect”もONにしたが、これも影響しているのかもしれない。

Raspberry Pi OS でCUIからIPアドレスを固定したい #RaspberryPi - Qiita

単にip=でIPアドレスだけ書くのではなくGatewayなども書けば良かったのか。

Raspberry Piの初回セットアップ時などに一時的に固定IPアドレスを設定する方法 – Lunatilia